医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2022/06/02
社会福祉法人の会計監査人設置基準

 社会福祉法人は、公益性・非営利性を確保し説明責任を果たすために、一定の規模を超える場合に、会計監査人の導入が義務付けられています。社会福祉法人制度改革の一環として、2017年度より実施されています。

●対象拡大の時期は、依然として検討中

 現在、会計監査人の設置が義務付けられているのは、「前年度の収益が30億円超、又は、負債が60億円超の法人(※1)」です。この対象は当初、段階的に拡大予定(※2)でしたが、2019年の改正で凍結されています。

 対象拡大の再開時期は未定ですが、現在も拡大の方向で検討されている向きに変わりはありません。上述のとおり「前年度」の金額で判断されますので、将来的に対象となることが想定される法人においては、心づもりが必要となってきます。厚生労働省によると、令和3年度は527の社会福祉法人が会計監査人を設置しています。うち130法人は設置義務のない任意設置でした。

  1. (※1)前年度の決算における法人単位事業活動計算書(第2号第1様式)の「サービス活動増減の部」の「サービス活動収益計」が30億円超の法人、又は法人単位貸借対照表(第3号第1様式)の「負債の部」の「負債の部合計」が60億円超の法人

  2. (※2)当初の実施要項では、2019年に「収益20億円超又は負債40億円超」、2021年で「収益10億円超又は負債20億円超」まで対象を広げる計画でした。

●実施までのスケジュール

 会計監査人を設置することとなった場合のスケジュール例を、下図にまとめました。

例)令和5年度決算で会計監査人監査を初実施する場合

 ご覧のように、監査の実施初年度に先立ってさまざまな手順が生じ、長い準備期間を要します。特に「収益20億円超又は負債40億円超」の法人におかれましては、今後の動向にも注視いただき、備えられますことをお勧めいたします。

参考:
厚生労働省「社会福祉法人制度


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
社会保険労務士ヒロイ事務所
950-0953
新潟県新潟市中央区
大島158-105
TEL:025-282-7218
FAX:025-282-7219